ヒゲ剃りで肌が負けやすい人はヒゲ脱毛すると肌が回復するって本当?

男性の毎日の日課と言えばヒゲ剃りですね。ヒゲが人より薄いという人でも最低でも2日1回はヒゲ剃りをしています。

ひげが濃い濃い人にいたっては朝剃っても夕方にはまるで泥棒ヒゲのようになってしまう人もいて、オフィスに電気カミソリを別に準備して、昼休みなどに剃っている人もいます。

一日中オフィスにいる人はまだいいとしても、営業マンや接客業の人などはやはり見た目が大切なのでそれなりにいろいろと気を使って努力をしています。

ヒゲ剃りは1日1回剃るだけでも肌に負担をかけているのに、それ以上となると元々敏感肌の人などはヒリヒリしたり、肌を傷つけたりして痛みをこらえながらヒゲ剃りをしなくてはいけません。

敏感肌体調が悪い時などは、吹き出物ができたりします。そこにカミソリがひっかかって傷つけてしまったりすることもあります。でもヒゲを剃らないわけにはいかないので恐る恐る剃ったりでいつまでたっても敏感肌のままで悪循環になってしまいます。

敏感肌とはどんな状態になっていることでしょうか?

  • 肌のバリア機能が落ちている。
  • 少しの刺激でも肌が敏感に反応する肌。
  • 肌内部の角質層に乱れがある

これらの症状は食生活が乱れていたり、睡眠不足やストレスなどが大きく影響します。 肌の代謝(ターンオーバー)や皮脂分泌などがうまくいかない状態で肌荒れの原因にもなります。

sleepそんななかなか敏感肌から抜け出せないという人はヒゲ脱毛がおすすめです。

ヒゲ脱毛のメリットを言うとまずヒゲ剃りが不要になるということです。 ヒゲ剃りをやめれば当然刃物を肌に当てなくてよくなるわけです。これが一番敏感肌にはうれしいことですね。

人気脱毛サロンのRINX(リンクス)のヒゲ脱毛ビフォーアフターの画像を見ると一目瞭然です。

ヒゲ脱毛を始める前は、ほとんどの人が赤くブツブツした吹き出物があります。

しかし5回脱毛した後の写真では吹き出物がなくなっています。

それだけでなく肌が白く艶さえ出ているのがみんなの脱毛後の共通点です。脱毛と言えば痛いと思われがちですが、リンクスの脱毛は医療クリニックのレーザー脱毛と違って、濃いヒゲでも脱毛時に痛みがほとんどありません。

私の体験談ですが、脱毛中も本当に脱毛してる?ってくらい、チクっとさえしませんでした。それなのに、効果はびっくりするほどでした。

数回の通院で、1週間ヒゲ剃りしなくてもOKになってしまいました。(元々ヒゲは濃くありません。2日に1回程度のヒゲ剃りです。)

敏感になっている肌にさらにヒゲ剃りをする行為は、それだけで肌傷つき、更に敏感になります。ヒゲ脱毛すると、ヒゲ剃りをする回数が断然少なくなるので、肌が改善しやすくなります。完全につるつるに脱毛すれば、ヒゲ剃りは不必要になるのでな肌も完全に回復するというわけなんですね。

あわせて読みたい関連記事

埼玉 全身脱毛 大宮 ヒゲ脱毛